会社概要沿革経営理念統合MS方針統合マネジメント規定許認可等アクセスマップ外国人技術員受入
会社概要
1963年 三宅大策により極東電気を設立、重電機器・モートルのメンテナンスおよび販売業務を開始。
1971年 絶縁油貯蔵の設備を完備。
1973年 岐阜県に中部極東電氣(現:岐阜サービスセンター)を設立。
1975年 産業廃棄物収集運搬の許可を取得し業務拡大。
1989年 本社社屋完成。
岐阜県工場にて高圧配電盤の製造を開始。
1993年 MSS(メンテナンスシミュレーションシステム)の開発・販売開始。
1994年 油入変圧器異常診断用『ガス分析装置』を導入。(シリンダーピストン方式)
1995年 Microsoft Windows95対応の保護協調シミュレーションソフト『MSS97』の販売開始。
1996年 代表取締役社長に三宅正貢(旧名 延嗣)が就任
1998年 Microsoft Windows98発売と同時に『MSS+39』の販売開始。
1999年 国際規格 品質マネジメント(ISO9001)取得。
1990年 本社に試験器材センターを設置。
2000年 社名を極東エレテックに改称。
川崎サービスセンターを開設。
MSSV3 for Windows 95/98/ME/NT4.0/2000 の販売開始。
2001年 国際規格 環境マネジメント(ISO14001)取得と同時に、品質マネジメント
(ISO9001:2000)に更新認証登録。
油入変圧器劣化診断用『フルフラール分析装置』を導入。
2002年 油入変圧器異常診断用『ガス分析装置』を増設導入。(バブリング方式)
2003年 統合マネジメントシステムを構築。
ISO14001、ISO9001、OHSAS18001を統合。
2004年 電気保安管理業務外部委託先の条件を満たす電気保安法人として経済産業省へ届け出。
2005年 特定規模電気事業者(PPS)として経済産業省へ届出。
2006年 PCB分析装置を導入。
JESCO(豊田事業所)への収集運搬事業者の認定取得。
九州支社を開設する。
FBK(福岡ビジネス協議会)に入会。
2007年 愛知県計量証明事業登録。
特許取得[油中フルフラール類の抽出方法及び抽出装置]。
10kW太陽光発電設備 本社屋上に設置。
MSSV3バージョン「2.6」を発売開始。
2008年 岡崎サービスセンターを開設。
2009年 油中ガス分析において、診断方法[様相診断]を導入。
2010年 岐阜北ブランチを開設。
環境省[絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定マニュアル]に準拠した前処理装置導入。
2012年 社名をエレックス極東に改称。
秋田県、秋田市の誘致企業に認定。
2013年 秋田県指定業者に認定。
岐阜サービスセンターに武並ソーラ太陽光発電所を設置、送電開始(㈲エレテックサポート)
2014年 秋田ネットワークセンターを開設。
エレックス極東 三重センターを開設。
燦ソーラー発電所 運用開始。
2015年 エレックス極東 北九州を開設。
エレックス極東 鷹巣を開設。
2016年 北秋田市阿仁前田に阿仁森林メガソーラ太陽光発電所を設置、送電開始(㈲エレテックサポート)
2017年 秋田ネットワークセンター オフィスフロア増床。
北秋田市に合川メガソーラー太陽光発電所を設置、送電開始(㈲エレテックサポート)
三河センター・絶縁油解析ラボ新設

このページの先頭へ